×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

腰痛 緩和 ベルト

腰痛はさまざまな原因から起こります

腰痛には大きく分けて急性のものと慢性のものとがあります。激しい痛みはないけれども何となく腰が重い、と感じている人の中には、ベルトを巻いている人も少なくありません。このようなベルトは俗に「腰痛ベルト」とも呼ばれています。


腰痛はさまざまな原因から起こります。従ってベルトをするだけで治すことはできません。しかし激しい腰痛の場合、ベルトで腹筋や背筋をサポートすることで痛みが緩和することも確かです。痛みが少し治まったら必ず診察を受けましょう。


腰痛を緩和させるためにベルトをつける場合、長時間つけっぱなしにすることは止めましょう。医学的には3ヶ月が限界で、それ以上着け続けていると血行障害を誘発したり、ベルトを巻いている箇所の筋肉が衰えてしまうという人もいます。


腰痛が起こった時には痛い場所をきちんとサポートしてくれるベルトを選びましょう。以前はさらしを腰に巻いて固定していましたが、今は優れたベルトが販売されています。通気性がよく軽量のものを医師や薬局の人と相談をして選びましょう。


腰痛ベルトの正しいつけ方や選び方

腰痛に悩む人の中には、ベルトを愛用している人が多いようです。このベルトはただのベルトではなく「腰痛ベルト」などとも言われ、腰の回りの筋肉を固定させて、痛みを緩和させたり可動域を広げることを目的としているものです。


腰痛ベルトの身体を支える腹筋や背筋の働きをサポートして、痛みを促進するような体幹の動きを制限するもので、根本的な治療の道具ではありません。ベルトをすることで腰痛が緩和されることはあっても完治することはないのです。


腰痛を緩和させるためにベルトをつける場合、長時間つけっぱなしにすることは止めましょう。医学的には3ヶ月が限界で、それ以上着け続けていると血行障害を誘発したり、ベルトを巻いている箇所の筋肉が衰えてしまうという人もいます。


腰痛ベルトの正しいつけ方や選び方と言うのは特にありませんが、通気性が良く、軽量のものを選びましょう。医師の判断ではなく自分で選ぶ際には、腰痛の原因を良く考えて、痛い部分がサポートできる最適なベルトを選ぶようにしましょう。


腰痛ベルトは痛みを緩和するもの

腰痛には大きく分けて急性のものと慢性のものとがあります。激しい痛みはないけれども何となく腰が重い、と感じている人の中には、ベルトを巻いている人も少なくありません。このようなベルトは俗に「腰痛ベルト」とも呼ばれています。


腰痛ベルトは痛みを緩和するものでは会っても腰痛を治すものではありません。腰痛の原因にはさまざまなことが考えられます。とりあえず腰痛ベルトで痛みを抑えた上で必ず医師の診察を受けて、根本から治療するようにしましょう。


慢性の腰痛や急性の腰痛に襲われた場合にベルトは大変有効ですが、それに頼りすぎていると筋力が衰えてしまうことがあります。また余り長い時間筋肉をベルトで締めていると、血流が悪くなってしまうことも考えられます。


腰痛は現代病の一種で、薬局には通気性も良くサポート性にも優れた、多くの腰痛ベルトが売られています。腰痛に襲われた場合には、医師の診察を受けることが大前提ですが、予防や再発に備えて、ベルトを持っておいたほうがいいでしょう。